安全への取り組み

友愛観光バスは、「安全・信頼」と「お客様第一主義」を基本にインバウンドバス事業者として、運行の安全を確保することを最大の使命とし、コンプライアンスの徹底と安全最優先の会社風土の醸成に努め、安全方針「安全運行がすべてに最優先である」のもと、会社代表をはじめとした全ての社員が一丸となって、運行の安全性向上に取り組んでまいります。

1.輸送の安全に関する基本的な方針

私たち、友愛観光バスの社員1人1人は、お客様に安全で快適な輸送サービスをお届けする為、輸送の安全性の確保を最大の使命とし、全社員一丸となって全力で取り組みます。

  • 私たちは、安全第一をモットーに、お客様に安心してご利用いただけるバス会社を目指します。
  • 私たちは、輸送の安全に関する法令を遵守し、安全運行を確保するための環境整備に努めます。
  • 私たちは、いかなる時も安全を行動の基本とします。
  • 私たちは、運行の安全に関する「PDCA」サイクルを確実に実施します。

2.輸送の安全に関する目標(2021)及び達成状況(2020)

□安全目標

  • 信頼される運行管理体制を構築します。
  • 重大事故0を目指します。
  • 乗務員一人一人が1年間運行時の有責事故0を目指します。
  • 総事故件数の前年度半減を目指します。
  • 法廷速度を遵守します。

□達成状況

種別 ( 2020 )発生件数 ( 2021 )目標
死亡事故 0 0
飲酒事故 0 0
人身事故 0 0
物損事故(有責) 0 0

3.自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計

(期間:2020年1月1日から2020年12月31日まで)
 該当する事故なし。

4.安全管理規程

別途掲示

5.輸送の安全のために講じようとする措置及び講じた措置

(1)輸送の安全のために講じようとする措置(2021年)

  1. 安全統括管理者による安全総点検の実施
  2. 安全性評価認定の取得
  3. 安全対策会議を定期的に開催(所長会議にて)
  4. オリンピック安全輸送会議実施
  5. ヒヤリハット情報収集と共有
  6. 健康診断結果及び適性診断結果に基づく個別指導の実施

(2)輸送の安全のために講じた措置(2020年)

  1. 安全点検の実施:経営管理者及び安全統括管理者は、事業休止営業所の車両総点検を実施に立会い、会社の安全に関する基本的な方針、重点施策について担当者への周知に努めた。
  2. 引続き
  3. 安全対策会議実施:Webにて毎週開催
  4. オリンピック車両安全輸送総点検の実施に際し、事故防止や無事故に対する全社的な意識の高揚に努めた。
  5. ヒヤリハット情報の収集と共有:随時、運転者からヒヤリハット情報を収集し、事故防止教育に活用し、情報共有に努めた。
  6. 健康診断結果に基づく個別指導の実施:健康診断結果、再検査、要精密検査等医師の所見に沿った対応を実施させ、結果によっては、運転に支障があると思われる者については、医師の乗務の可否の意見を聴取して乗務の有無を判断した。

6.輸送の安全に関る情報の伝達体制、その他組織体制

  • 情報の伝達体制:別途掲示
  • 組織体制:別途掲示

7.輸送の安全にかかわる教育及び研修の実施状況

  1. 全運転者を対象に年間教育計画に基づく事故防止教育:1回、10名
  2. 新入運転者入社時教育(座学・実技):法令通り、9名
  3. 適性診断、初任診断及び一般診断の受診及び診断結果に基づく個別指導:全員
  4. デジタコ及びドライバーレコーダーの記録を用いた指導:全員
  5. 運行管理者・補助者に対する実務の実施状況の確認・法令等研修:2回、5名
  6. 定期健康診断の意思所見に基づく再検査等の指導:1回、2名

8.輸送の安全にかかわる内部監査の結果並びにそれに基づき講じた措置など

年間内部監査計画表に沿って安全統括管理者及び内部監査員により輸送の安全に関する内部監査を実施した結果、運行前の点検実施の確認が疎かにされたことが見受けられたので、点呼実施者及び整備管理者に対し出庫前のチェックの確認を徹底するように指導した。

9.安全統括管理者に係る情報

 安全統括管理者:本社運行部部長 新昌 誠   令和2年1月1日 選任

10.事業用自動車の運転者、運行管理者、整備管理者に関する情報

 事業用自動車の運転者:11名
 運行管理者:6名 運行管理補助者:5名
 整備管理者:4名 整備管理補助者:4名

11.事業用自動車に係る情報

  台数 平均年式 メーカー
大型 8 3年 日野・いすゞ
中型 8 4年 日野・三菱
小型 4 1年 トヨタ
  • ドライブレコーダー及びデジタコ装着状況:全車両に装着済
  • 衝突被害軽減制動措置、車線逸脱警報装、車間距離制御措置付き車両の状況:全車両に導入済

12.処分の内容・講じた措置の公表

当社は、旅客自動車運送事業運輸規則第47条7第2項の規定に基づき、処分の内容・講じた措置を公表します。

  • 行政処分の年月日  令和元年11月26日
  • 営業所名:九州営業所
  • 営業所の所在地:福岡県糟屋郡篠栗町津波黒112番1
  • 処分日車数:80日車
  • 違反適用条項
    (道路運送法第9条の2第1項、旅客自動車運送事業運輸規則第21条第5項及び第38条第3項)
  • 講じた措置:
     関係法令の遵守と、輸送の安全と秩序の確立に専念し、再びこのようなことが起こらないよう  改善措置取っております。

2021年1月1日
株式会社友愛観光バス
代表取締役社長 李炳燦